お名前.comの共用サーバーSDで2MB以上のファイルをアップロードする方法

他のレンタルサーバーではアップロード容量を設定で変更できたりするのですが、お名前.comの共用サーバーSDだとアップロード容量を気軽に変更することができません。困ったものです。

私も仕事上、WordPressの記事インポートをしていて、インポート用のXMLファイルが100MB以上でした。しかしお名前.comの共用サーバーSDだとアップロード容量は基本は2MBです。とてもじゃないですがアップロードできません。

またテーマをアップデートする際に、以下のようなエラーメッセージを経験することもあるでしょう。

Sorry, there has been an error.
アップロードしようとしたファイルは php.ini の upload_max_filesize で指定されているサイズを超えています。

これも理由は一緒でアップロードするファイルの容量が、php.iniというPHPの設定を司るファイル上で、アップロードファイルの上限を定めているパラメータ「upload_max_filesize」の値を超えてっぞ。という意味ですね。

どうやって変更するんだろう?と思って調べてみると、お名前.comのヘルプにphp.iniをFTPで設置してね。とあります。

php.iniは設定項目が大量にあるファイルなので、「うわーめんどくせー」と思ったのですが、どうやらアップロードの部分だけ記述して設置すれば大丈夫みたいです。ということでお名前.comの共用サーバーSDで2MB以上のファイルをアップロードする方法をご紹介します。

5秒で現状の容量を確認する

この手順は飛ばしてもいいのですが、一応現状のアップロード容量の上限を5秒で確認する方法があります。

WordPressのダッシュボードから、「メディア」⇒「新規追加」を開きます。するとその画面に、「最大アップロードサイズ」の記述があります。ちなみにお名前.comの共用サーバーSDの場合は添付のように2MBのはずです。

これを変更していきましょう。

php.iniでアップロード容量を変更する

まずは「php.ini」というファイル名でファイルを作り、以下のコードをコピぺします。100MBとかにしたい場合は、随時パラメータの設定を変更してください。

その後、作成したphp.iniをFTPでアップロードしますが、場所はドメインのフォルダ直下で問題ありません。一応お名前.comのマニュアルにphp.iniの設置場所の優先度が記述してあります。

ホームディレクトリに設置の「php.ini」
PHPスクリプトを実行するディレクトリに設置の「php.ini」
共用サーバー共通の「php.ini」

参考:【共用サーバーSD】「php.ini」の変更が反映されない

基本は多分「hogehoge.com」みたいなドメインと同じ名称のフォルダがあると思うので、その直下に作成したphp.iniを設置します。その後、WordPressのダッシュボードから、「メディア」⇒「新規追加」を開いて、最大アップロード容量が変わっていれば完了です。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらへ!

*
*
* (公開されません)