テストに便利!XamppでローカルにWordPressをインストールする手順

xampp-wordpress

Xamppは便利ですね。テスト環境をサクッと手軽に作ることができます。何よりXampp上ならどれだけ失敗してもいいというのが素晴らしい。世の中がXamppで構成されればいいんですよ。

さて非常に便利なXamppですが、最近WordPressでちょっと色々テストしたいなぁということで、Xamppを使ってローカル環境にWordPressをインストールしました。

実際に設定する時間よりも、「WordPressをダウンロードする時間の方が長いんじゃないか?」ってくらいは簡単にインストールができました。

これからXamppにWordPress環境を作ろうという方もいるはずですので、メモがてら残しておきます。

スポンサー リンク

Xamppコントロールパネルで行うこと、phpMyAdminで行うこと

まだXamppをダウンロードしていない方は以下からダウンロードしてください。

ダウンロード|Xampp

それではまずはXamppのコントロールパネルから、ApacheとMySQLをStartします。
xampp-cont

スタートしたらこのようにPIDとPort番号が表示されます。
xampp-start

次にXampp上のMySQLから「Admin」を選択して、phpMyAdminにログインします。
xampp-mysql

続いてはphpMyAdmin上でWordPressで利用するデータベースを作っていきましょう。大丈夫です空のデータベースを作っておけば、あとはテーブルはWordPressがインストール時に全部作ってくれるので。

phpMyAdminのメニューから「データベース」を選択します。
phpmyadmin

データベースを作成するから適当なデータベースを作成します。私は今回「wordpress」というデータベースを作成しました。
create-database

はいphpMyAdmin上の作業はこれで完了です。続いては実際にWordPressをインストールしてきましょう。

スポンサー リンク

あとは任意の場所にファイルを置いてブラウザをバチンッ!と叩くだけ

ここからも超簡単です。まずはWordPress公式にアクセスして、最新のWordPressをダウンロードします。

zipファイルがダウンロードされるので、それを解凍したらデフォルトであれば

C:/xampp/htdocs

に解凍したフォルダを設定します。実際にどこに置くのかはApacheのhttpd.conf内にあるDocumentRootの場所になるので、この後の手順通りやってもうまくいかない場合は1回httpd.confを見直してみましょう。

次にWebブラウザ上で以下を入力して表示します。フォルダ名を「wordpress」から変更している場合は、そのように変更してください。

http://localhost/wordpress/

WordPressへようこそ!な画面が表示されたら「さあ、始めましょう!」ボタンを押下して進めていきましょう。

wordpress01

データベースの基礎情報を入力します。

・データベース名:さっき作ったデータベース名
・ユーザー名:任意
・パスワード:任意
・データベース名:デフォルトだとlocalhost
・テーブル接頭辞:任意

ユーザー名とパスワードはデフォルトの場合ユーザー名:root、パスワードは「設定なし」になってます。

ローカル環境なので特に気にしていませんが、もしユーザー名を変更している場合にはそれを設定してください。

wordpress02

正確にデータベースとの接続が確立したら、「インストールの実行」です。
wordpress03

最後に必要情報を入力して、「WordPressをインストール」を実行します。

・サイトタイトル:適当に
・ユーザー名:適当に
・パスワード:適当に
・メールアドレス:自分のメールアドレス
・検索エンジンの表示:どっちでもいいです

wordpress04

「成功しました!」ってことでログインします。
wordpress05

成功すれば「http://localhost/wordpress/wp-login.php」にアクセスすれば、WordPressのログイン画面が出力されます。
wordpress06

やったね!成功!
wordpress07

WordPressのテストにめっちゃ便利ですので、是非使ってみてください!

スポンサー リンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらへ!

*
*
* (公開されません)